FC2ブログ

無料コスプレ画像写真館

スポンサーサイト

--/-- --:-- (--) スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

cm:-

MIKI/ OL

09/23 13:31 (Sun) 未分類




山田部長は、はつらつと働くMIKIをまぶしく思っていた。

たいした才覚もなく、ただ年功序列で出世しただけの山田に

社員の風当たりは強かった。そんな山田にもMIKIはやさしく接してくれいる。




しかし、ある夜、目撃した出来事から山田の窓際生活は終わる。

深夜のオフィスにMIKIと平田が怪しく蠢いていた。

MIKIはその小さな口で平田の男を愛撫していた。

いやらしくまとわり付いた涎で、テラテラと光ったモノを

MIKIの赤い舌が這い回っていく。




問題はその破廉恥行為ではなかった。

彼らは明らかに会社の金を横領していた。

山田は思い切ってMIKIに忠告してみたが、軽蔑のまなざしで

睨まれただけだった。




その日、なれないデータ入力の仕事で遅くなった山田の前にMIKIが現れた。

先日の忠告の礼だろうか?

そう思う間もなく、MIKIは黙って潤んだ瞳のまま制服の胸をはだけ

山田のデスクに乗ってきた。




あの夜以来、夢に出るようになったMIKIのみずみずしい裸体が

目の前で大きく開いている。控えめに生えた陰毛の下には

赤く潤んだ秘肉すら露になっている。

何年ぶりだろうか?甘酸っぱい女の匂いに自分の股間が熱くなるのは。

山田はMIKIの身体に貪りつかずにはいられなかった。

しかし、その時……



cm:-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。